スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITAとHMZ-T1の有機EL比較 黒の表現

VITAを発売日に手に入れて色々いじってみたが
やっぱり新しいハードっていいね。
さらに、PSPの初代1000シリーズを思い起こさせるような高級感と相まって触ってるだけで楽しくなれる。

vita.jpg
なぜか2台あるのは友人の分も一緒に買ったから

32Gのメモリと保護シート、ケースも予約してたのでゲット済みだが
今どこも32Gのメモリは品薄の様で、Amazonとかで14,000円とか値段がついてるのを見ると、なんだかなぁって気持ちになる。

で、そんなこんなで最初にゲームと思ったけれども、ゲームを買ってない・・・。
(何のために買ったんだ?というツッコミはハードオタには通用しない(苦笑))

とはいえ、VITA手に入れたらやってみたいことがあったので
それをやってみようと思う。

■VITAとHMZ-T1の有機ELはどちらが優れている?
 HMZ-T1の有機ELパネルはソニー内製、VITAの有機ELパネルはサムスン製(ネットの分解記事より)とのことだが
どっちがすぐれているんだろうと思っていた。

発色だけ見ると、どちらも液晶とは違い、一見鮮やかで素晴らしい

vita1.jpg
カメラの性能が悪いんでうまく撮れない・・・

階調表現とかは、それなりの画像探してくれば恐らく比較できるだろうが
まず試してみたかったのが黒の沈み具合だ。

とりあえず、VITAの解像度を調べると960×544とのことで
ペイントでピクセルを選択し、960×544のキャンパスに、RGBを0,0,0にした全面黒表示のBMPを作成。
あとはVITAに転送するだけ。

深夜に部屋を真っ暗にして
さらに布団を被って(かなり怪しい)、転送したVITAの黒画像を見てみた。

「なるほど」という結果だった。

両方持ってる人は、HMZ-T1に1280×720で同じことをやって比べると一目瞭然だが
明らかにHMZ-T1の方が沈んでると感じる。
HMZ-T1はしばらく暗闇で目が慣れてくると分かるレベルだが
VITAの方は直ぐに画面の形が認識できた。

■結論
 結論としては、どちらが黒が沈んでいる?と言われれば、
HMZ-T1の黒の方が沈んでると言える結果だった。
これはAV機器としてのHMZ-T1と、ゲーム機としてのVITAを考えれば、妥当か。

とはいえ、どちらも普通の動画や静止画を表示してる時には全く気にならない。
液晶で同じことをやると分かるが、はっきり言って液晶はあからさまに黒浮きしてる。
この辺り、やはり有機ELパネルはさすがだと感じた。

もし次があれば、階調も見てみたいと思うが
そんなことしてるより、早くゲームを買ってプレイしてみるべきか・・・。

コメント

非公開コメント

プロフィール

dendo6go

Author:dendo6go
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア1
フリーエリア2
フリーエリア3
ソニー ステレオヘッドホン ブラック MDR-1R/B
ソニー (2012-10-27)
売り上げランキング: 1,071
フリーエリア4
フリーエリア5
フリーエリア6
フリーエリア7
nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012-08-30)
売り上げランキング: 57
フリーエリア8
【国内正規品】 SENNHEISER イヤーモニター IE80
ゼンハイザー (2011-12-16)
売り上げランキング: 8,728
検索フォーム
ランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。